新宿の整体・鍼灸の治療院なら新宿西口鍼灸整体院 | 私達はコリや痛みの原因に真剣に向き合っています。
無料相談受付中
0120-070-600
  • 診療時間
    • 7:00~20:00(最終受付 19:00)
    • 休診日:水曜午後、木曜、日曜 ※月2回 日曜診療

生理痛を整体で改善

生理痛を治したい!と思った時に一番重要な事!

全体の30%の方が悩まれていらっしゃるという生理痛。
女性にとっては深刻な問題だと思います。

まず大事なのは「病院に行くべきか、整体・鍼灸などで対応できる生理痛なのか?」という鑑別です。
病院に行くべきなのは、「器質性月経困難症」といって子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋腫などの病気が潜んでいるもの。
逆に整体や鍼灸が有効なのは「機能性月経困難症」といって、子宮や卵巣自体は病気ではないのに、自律神経や冷え、ストレスによる緊張などが原因で”機能不全”を起こして痛みが出ているものです。

痛みが出たら、まずは病院に行ってこれらの病気が無いかを診断して頂いてください。
卵巣や子宮自体には問題ないのに痛みがある時は是非、こういった東洋医学・整体を活用していただければと存じます。
(人によっては「痛くて、お腹を押さえて来院したのに、帰る時には痛みが全然楽になった!」など即効性がある場合も多々ありますので。→私の臨床経験上です。)
また内膜症や筋腫をお持ちの方も、病院と併用してこういった代替医療の施術を受ける事で、より痛み、症状が楽になる事も多いですので、よろしければお電話もしくはメールでお問い合わせ頂ければと存じます!

お問い合わせ・ご相談

整体・鍼灸施術で、なぜ生理痛が楽になるのか?

生理痛で多い痛みのパターンはPMS(月経前症候群)といって「生理の前に痛みが出る」ものと月経初期(主に1日目と2日目が多いようです。)に痛みが出るものです。
生理前に痛みが出るものは「黄体ホルモン」のバランスの崩れが関係し、生理が始まってからの痛みはプロスタグランジン(子宮をギューッと収縮させる働きを持つホルモン)が正常よりも多く分泌されるからと言われています。

良くなる理由その1:自律神経の過緊張が取れるから!

黄体ホルモンにせよ、プロスタグランジンにせよコントロールしているのは「自律神経」です。
現代人は夜更かしをする事が多いうえに、仕事の上でも常に緊張しっぱなしで、この自律神経の内アッパーな部分をつかさどる”交感神経”が緊張しっぱなしです。
そういった状態が続くと、家に帰って布団に入る時もリラックスする事が出来ずに、夜ぐっすり眠れなくなったり、朝も起きた時からグッタリ疲れている状態になったりします。
(車で言えば、アクセルをずっと踏みっぱなしでエンジンがオーバーヒート寸前になっている状態です。)

そのような方は、後頭部の付け根や首の骨、背骨の両脇、鎖骨の上のデコルテ部分、仙骨などがパンパンに固くなって、歪んでしまい、上手に動かなくなっている状態です。
これを整体によって歪みを取り、結合組織のゆちゃくをはがす事によってコリを取る。
そうする事によってキチンと体が「緊張と弛緩のパランス」を取ることが出来るようになり、自律神経の過緊張状態が解除されていきます。
するとホルモンもキチンと、必要な時に必要なだけ分泌されるようになり症状も改善されていくというワケです。

良くなる理由その2:おなかの中のシコリが取れるから!

生理痛の痛みは、分かりやすく言いますと「子宮の収縮痛」です。
この子宮が収縮しようとする時に、お腹の中に固~い”石”が入っていたらどうでしょうか?
想像するだけで痛いですよね?お腹が固くなっている人は、常にこの状態なのです。

ストレスや寝不足、食生活の不備その他で内臓が炎症を起こすとそこが”ゆちゃくを起こして固まる”のです。
これが酷い人は、お腹の中がコリ(ゆちゃく)だらけになっています。
→普段、生活している時は、ほとんど何も感じなくても生理になって子宮がギューッと縮む時にイヤでも感じてしまうワケですね。
これを当院の「ゆちゃくをはがすスライドマッサージ」では取り去る事が出来ます。
子宮が柔らかくなれば、いくら収縮しても”大丈夫!”になるわけですね。

良くなる理由その3:骨盤の”開閉リズム”が整う!

皆さん、骨盤って周期的に「開いたり閉じたり」してるのってご存知ですか?(整体の理論です。)

小さなリズムで言えば呼吸でも開閉していますし(吸う時に締まって、挙がり、吐く時にゆるんで下がります。)朝に縮んで、夜ゆるむ。あるいは春に開いて冬に締まったりします。
(だから春には頭がポワーンとゆるんで、冬には引き締まるので頭が冴えたりするワケですよ。→整体の理論って現象に即していて面白いでしょ!)
生理に関して言えば「排卵の時に締まって、生理の時に緩み(開く)」ます。

これが骨盤の歪んでいたり、あるいは関節にロックがかかって上手に開閉できなくなった時に「ギギギ。」と無理がかかって痛みを引き起こすわけです。
(さび付いて、動かなくなった自転車を一生懸命こいでいるようなもの。それは身体だって辛くなりますよね。)
整体によって関節のロックを解除したり、東洋医学で開閉リズムを正常に戻すツボを刺激する事で骨盤が正しいリズムでスムーズに動くようになって、生理痛も改善されていくという事なのです。(骨盤の開閉リズムが整うと「骨盤底筋群」の緊張も取れてきますので、出産後の”尿漏れ”などにも非常に有効です!)