新宿の整体・鍼灸の治療院なら新宿西口鍼灸整体院 | 私達はコリや痛みの原因に真剣に向き合っています。
無料相談受付中
0120-070-600
  • 診療時間
    • 7:00~20:00(最終受付 19:00)
    • 休診日:水曜午後、木曜、日曜 ※月2回 日曜診療

《不食と不眠には共通点がある!》

 

 

不食っていうのは、それだけで本が何冊か出ているんですが

 

(秋山 佳胤さん、森 美智代さん、山田鷹夫さんなどの本)

 

文字通り「食べないで生きて行く」事です。

 

→「そんな事、本当に可能なんですか?」と思われる方は、まずこれらの本を読んで

 

みてください。ビックリする内容が載っています。

 

 

 

不眠(短眠法)は堀大輔先生が有名なのですが

 

(私もプライベートレッスンを半年ほど受けていました。)

 

この2つには”共通点”があります。

 

それは3つあって以下のようになります。

 

1、どちらも「暇」だと、つい行ってしまう事。

 

暇だと寝てしまう。

 

→野生の馬は2時間睡眠なのに、飼育されている馬は4時間くらい寝ています。

 

暇だと食べてしまう。

 

→山田鷹夫さんの本にも「無人島で暮らしていた時、食事は最高の暇つぶしだった。」

 

とあります。

 

2、偽の感覚に騙されて「それが常識だ!」と皆が固く信じ込まされてしまっている。

 

→”慣れの法則”というのがあって、食べない事に慣れてしまうと(もちろん徐々にですが)

 

食べなくても平気になってくる。(ビックリしますよね。)

 

 

→眠たくなっても、嬉しい事があると眠気が吹っ飛んでしまう現象がある。

 

3、どちらも”減らす”と健康になる。

 

→免疫力がアップする。

 

 

人間の「3大欲求」の中に、どちらも位置するものですが、是非みなさんも

 

これらの本を読んで、もう一度見直してみると良いかもしれません。

 

(以下に私たちが”商業主義”によって、自分の本来の感覚とかけ離れてしまっているかが

 

分かると思います。)