新宿の整体・鍼灸の治療院なら新宿西口鍼灸整体院 | 私達はコリや痛みの原因に真剣に向き合っています。
無料相談受付中
0120-070-600
  • 診療時間
    • 7:00~20:00(最終受付 19:00)
    • 休診日:水曜午後、木曜、日曜 ※月2回 日曜診療

《慢性捻挫の患者さんへの鍼灸治療!!》

 

 

2カ月前からねん挫で足首を内側に捻じると痛みが走るIさん。

 

痛い部分は、足の甲と外くるぶしの斜め前辺りのようです。

 

普通ですと、捻挫の場合、3日~一週間もすれば大概良くなるのですが

 

もう2カ月も痛いとなると「慢性捻挫」に移行してしまって、放っておいても治りません。

 

なので鍼灸治療をする訳なのですが、例によって、痛い場所には触りません。

 

そこに連動している筋膜・骨膜ラインで、痛みの出ている部分を引っ張っているのは

 

どこなのかを探します。

 

大体が、スネの外側ライン上か「腓骨筋」と呼ばれる下腿のサイドの部分にあるのですが

 

Iさんの場合も、この2つのライン上に原因がありました。

 

で、ここに鍼を打って解します。

 

(ツボと言うよりは”硬結”を意識します。)

 

すると、触っていないのに、痛かった部分が、痛くなくなっています。

 

これでオッケーかと思いきや

 

「先生、今度はこっちに痛みが出ています。(さっきの所は痛くないんだけれど)」

 

との事。

 

今度は足の甲の4番目と5番目の骨の間のラインが痛いという事です。

 

そうしたら次は、ここの痛みが取れる場所を探せばよいのです。

 

(もぐらたたきみたいなものですね。)