新宿の整体・鍼灸の治療院なら新宿西口治療院 | 私達はコリや痛みの原因に真剣に向き合っています。
無料相談受付中
0120-070-600
  • 診療時間
    • 7:00~20:00(最終受付 19:00)
    • 休診日:水曜午後、木曜、日曜 ※月2回 日曜診療

《自律神経の整体治療の反射ポイント》

 

 

人はストレスが溜まってくると「夜中の歯ぎしり」が酷くなったりします。

 

(辛くても「頑張ろう!」という潜在意識の働きで力が無意識に入ってしまうからですね。)

 

これが自律神経の失調症と直結するのですが、このような方のお体を診察すると

 

“アゴ周りの筋肉”が異常に固くなっている方が多いです。

 

昔は、ここ自体を鍼灸や整体で、直接ゆるめていたのですが、色々研究してみて

 

調整するためのポイントが分かってきました。

 

4つの反射ポイントがあるのですが

 

まず1つ目は「側頭部」

 

これは噛む時に直接使う筋肉ですね。

 

2つ目は鎖骨の下のツボです。

 

ここは長野式鍼灸治療という流派では「副腎皮質ホルモン」(ストレスに関係)の分泌と

 

身体のだるさを取るツボで

 

ホルモン分泌が異常になってくると、この鎖骨の下のすき間が狭くなってくるので

 

異常があれば、すぐ分かります。

 

3つ目は「首の横と前の筋肉」です。(斜角筋・胸鎖乳突筋など)

 

4つ目が「頸椎一番~後頭部の中央付近にある硬結」です。

 

これらを緩めると口角があがって、アゴの余計な緊張が取れて

 

スッキリするとともに、夜もぐっすり眠れるようになりますよ。

 

是非、お悩みになっている方は当院までご相談ください!

 

 

 

参考・関連リンク

自律神経失調症