新宿の整体・鍼灸の治療院なら新宿西口鍼灸整体院 | 私達はコリや痛みの原因に真剣に向き合っています。
無料相談受付中
0120-070-600
  • 診療時間
    • 7:00~20:00(最終受付 19:00)
    • 休診日:水曜午後、木曜、日曜 ※月2回 日曜診療

《足の裏の痛みと鍼灸治療》

 

 

「足裏が、歩いていると痛い!」と言う方って、結構いらっしゃると思うんですよ。

 

(実は私も以前、アヤシイ「ウコンの粉末」を毎日摂取していたら

 

ある日突然、足の裏が腫れて痛くなったことがありました。

 

あの時は焦ったな~。)

 

これを治すのに、一番簡単な方法は、その部分や周りにある

 

「押していたい部分(圧痛店)」にお灸をする事です。

 

お灸と言っても、薬局で販売しているせんねん灸ではダメです。

 

(火力が弱すぎて浸透しない。)

 

本物の、もぐさを手で捻って、すえて火をつける。

 

これを毎日7~15回くらい(時間にして3分くらい)を続けます。

 

するとほぼ、一週間以内に痛みは引いてきます。

 

今回、いらっしゃったAさんも、それで楽になられました。

 

もしお灸だけでなく、鍼も使って良いのなら、もっと簡単です。

 

その足裏の押して痛いのが緩む場所を、ふくらはぎの中から探し出して

 

(大体、スジ状の硬結になっています。)

 

そこを何か所か、鍼で緩めるだけ。

 

かなり確実に効果があります。

 

原因として考えられるのは、ふくらはぎや脛にある筋肉を使い過ぎて

 

荷重疲労がたまって硬くなる。

 

そのギューッと固くなった塊が、足裏の腱や靭帯を引っ張って痛みが出ているんです。

 

「臭いは元から!」じゃないですけど、痛みもその根源から緩めてあげる必要が

 

あるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

参考・関連リンク

足底筋膜炎