『子供のキラキラネーム!』

『子供のキラキラネーム!』

ここ10年くらい「キラキラネーム」っていうのが流行ってきて、もう世間では

定着してきた感じです。

ホント、お子さんのお名前っていうのは、その時代やご両親のポリシーなどを表していて

見ていると、とっても面白いです。

→例えばK-1で有名な空手の正道会館の最高師範(六段)角田信朗選手の

息子さんのお名前は「ケンシロウ」で娘さんのお名前は「ユリア」です。

(いやぁ・・・。マンガ“北斗の拳”を読んだ事のある方がこの名前を聞いたら思わず

「ぷふぁ!!」って感じですよね。よく、奥さん、許したなー。このお名前つけるの・・。)

で、今回はそんな面白お名前を色々集めてみました。(お友達とのお話のタネにね!)

1、輝宙 → ぴかちゅうくん(「輝」を“ぴか”と呼ばせるとは!)

2、聖夜 → のえるくん(「ノエル」はフランス語で“クリスマス”を表すのですよね。

読めへん、読めへん!)

3、与夢 → あとむくん(与える夢ですね。意味としては良いかも)

4、永久恋愛→エクレアちゃん(おお!この当て字はかっこいい!)

5、一二三→ ワルツちゃん(「ひふみ」じゃないのね。絶対読めーん。)

6、愛分 → えいたくん(あ、分かった!「大分(おおいた)」の読みだ。)

7、美貝 → ミシェルちゃん(「貝」を“シェル”と読ませるとは斬新!)

8、晴也 → ハレルヤくん(「る」はどこに?)

9、愛奏 → メロディ(んおお~。これも・・。クイズじゃないんだから。)

10、「愛羅」「武勇」の双子で → あいらぶゆうちゃん(族?)

『あとがき・追記』

“キラキラネーム”は純粋に“とんち”が効いていて面白いですよね。

(ご両親のユニークさがいっぱい詰まっています。)

私も患者さんから依頼を受けて「改名・命名」のお手伝いをする事があるのですが

私の習った師匠からは「そのまま素直に読めない漢字は、姓名判断的に良くない!」と

教えられて、自分としてはこういったネーミングはしておりません。

→理由は忘れましたが、たしか“初対面の人に「読めない!」といういらぬストレスを

与えるのが良くない“だったかな。

個人的には好きだし時代を反映していたりして、とても面白いと思うのですが、

学校に入った時に友達にからかわれないかとか、何十年も使う事を考えると

「むむ~ん。」な感じです・・・。

(ただ、海外に行った時は「ノエルくん」などの方が外国人は呼びやすいかも!)

ま、でも自分に合わなくなってきたら「改名」して変えちゃえばいいんですよね。

戸籍上はそのままで、通り名だけでも大丈夫ですし。

戦国時代の武将なんて出世する度に、どんどん変えていってますもんね。

(ホントに産まれてから死ぬまで同じ名前を使うなんて、日本人の長い歴史の中で

現代くらいかもしれないですね。)

では、また次回!!

新宿西口治療院 アクセス

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7丁目9−15 ダイカンプラザビズネス清田ビル505

・JR新宿駅 徒歩10分
・大江戸線新宿西口駅 徒歩1分

0120-070-600

営業時間:7:00~20:00
休診日:水曜午後、木、日(※月2回 日曜診療)


新宿西口治療院 公式Twitter

「肩こり・腰痛体操」一覧

No.76 マコモのご紹介
No.75 身体の歪みを取り、内臓機能を高めて体を変える
No.74 痛みを取る、驚きの体操
No.73 質の良い昼寝の方法は?
No.72 メチャメチャ効く! 足のむくみ取りボールエクササイズ!!
No.71 座りっぱなしで足がむくむ人の体操
No.70 メチャ効く!(多分、他にはなーい!)新しいふくらはぎマッサージの方法
No.69 ストレートネックを改善する枕
No.68 皮膚病全般に効くマッサージ
No.67 飲み会で太らないための12カ条