新宿の整体・鍼灸の治療院なら新宿西口鍼灸整体院 | 私達はコリや痛みの原因に真剣に向き合っています。
無料相談受付中
0120-070-600
  • 診療時間
    • 7:00~20:00(最終受付 19:00)
    • 休診日:水曜午後、木曜、日曜 ※月2回 日曜診療

《ストレッチポールで関節の可動性を上げる事が出来る!》

 

 

そうなんです。

 

試しに実験して頂きたいんですが、まず立った状態でバンザイして

 

腕の挙がり具合を見ます。

 

(本来の正常な人間の肩関節の可動性なら、耳の後ろくらいまで挙がるはずです。)

 

そして仰向けになったまま、左右の足を交互に振り上げて足の挙がりやすさもチェックします。

 

で、ストレッチポールの上に載って「ベーシックセブン」をやってみる。

 

すると・・・・。

 

どーですか?

 

バンザイがさきほどよりも行くようになって、足も挙がるようになっていませんか?

 

これはなぜか?

 

実はコアが働くようになったからなんです。

 

ついつい、私たちは手足を動かす時に「肩から先」や「股関節から先」で

 

動かそうとしてしまいますよね?

 

でも、生き物本来の動きって

 

「まず先に”胴体(体幹)”から動いて、それにつられて手足が動く」

 

というのが大原則なんです。

 

(これをやらないから、皆さんすぐに体を壊して「肘が痛い!」「肩が痛い!」

 

「腰が痛い!」なんて事になるんです。)

 

ポールを行なう事によって、この”コアを先に動かす”事が意識するにしろ、しないにしろ

 

出来るようになる為に、より根元の分を自然な動きで使えるようになって

 

結果的に「関節の可動域がアップする!」ようになるんです。

 

これ考えた人、凄いよなー。

ご予約はこちらに!
0120−070−600