新宿の整体・鍼灸の治療院なら新宿西口鍼灸整体院 | 私達はコリや痛みの原因に真剣に向き合っています。
無料相談受付中
0120-070-600
  • 診療時間
    • 7:00~20:00(最終受付 19:00)
    • 休診日:水曜午後、木曜、日曜 ※月2回 日曜診療

《解剖した時の筋膜についてのお話》

 

 

医学博士で理学療法士の河上敬介先生は、検体を解剖した際の経験として

 

「筋膜にはメスでもなければ、剥がせない部分も多い。」

 

「筋膜リリース(海外で開発された筋膜の癒着をはがす手技テクニックです。

 

整体でも使う先生は多いです。)

 

と言う治療法に何らかの効果がある事は否定しないが

 

そもそもコラーゲンの組織である筋膜を力学的に剥がせば

 

炎症反応が起きるはずだ。」

 

とおっしゃっています。

 

ただ、私見として申し上げますと、先生が見たのは、あくまで

 

「死体の解剖」

 

です。

 

生きている人間の筋膜に触ったわけではありません。

 

解剖実習をされた方なら分かると思いますが、死んだ組織の解剖と

 

生きて動いているものの解剖では

 

刺身と干物

 

くらいの組織の状態の違いがあります。

 

なので死体解剖した組織をみたくらいでは、断定できないのでは?

 

と思います。

 

→骨だって「生きている人間の骨と、死体の骨では弾力性がまるで違う!」

 

という先生もいますしね。

 

なかなか生きている状態での解剖は、実現しにくいので

 

永遠のテーマになってしまうのですが・・・。