新宿の整体・鍼灸の治療院なら新宿西口鍼灸整体院 | 私達はコリや痛みの原因に真剣に向き合っています。
無料相談受付中
0120-070-600
  • 診療時間
    • 7:00~20:00(最終受付 19:00)
    • 休診日:水曜午後、木曜、日曜 ※月2回 日曜診療

《肘の腱鞘炎はどうすれば?》

 

 

先日「家事(家の中の片付け)をし過ぎて、肘が痛い!」と言ってご来院されたAさん。

 

なんでも肘が痛くて、マグカップが片手で持てないそうです。

 

専門的には、この疾患は「上腕骨外側上顆炎」というもの。

 

いわゆる「バックハンドテニス肘」と言われるものです。

 

つまりテニスのバックハンドのような振りの時に肘の外側(親指側)

 

が痛くなるというものですね。

 

反対に肘の内側(小指側)が痛くなるものは「上腕骨内側上顆炎」で

 

「フォアハンドテニス肘」と呼ばれるものになります。

 

またゴルフをする時にも同様の痛みが出ますので「ゴルフ肘」とも言います。

 

これをどう治すか?

 

実は肘が痛いと言いますと、ついつい肘を矯正したり

 

直接マッサージや整体施術をしてしまいがちですが、それでは治りません。

 

原因は肘にくっついている筋肉(しかも深部の筋!)の硬直があって

 

それに肘関節がグイーンと継続的に引っ張られて、炎症を起こしてしまっている事にあるのです。

 

だから正解は、肘にくっついている筋肉上のシコリをすべて、たどっていって

 

それを1つ1つ、丹念に整体でも鍼灸でも、どんな施術法でも構わないので

 

取り去ってしまう事です。

 

その際にインジケーターとなるのは「肘関節の圧痛部」です。

 

肘周りのコリを押した時に、この圧痛が緩む所が、効果のある整体施術ポイントです。

 

Aさんも最初は、おっかなびっくりモノを持ち上げていらっしゃいましたが

 

今では、2日に一回も!

 

ご来院されるまで、当院の施術を気に入って頂けました。

 

(今では、驚くほど良くなられていますよ!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考・関連リンク

テニス肘・ゴルフ肘

ご予約はこちらに!
0120−070−600