新宿の整体・鍼灸の治療院なら新宿西口鍼灸整体院 | 私達はコリや痛みの原因に真剣に向き合っています。
無料相談受付中
0120-070-600
  • 診療時間
    • 7:00~20:00(最終受付 19:00)
    • 休診日:水曜午後、木曜、日曜 ※月2回 日曜診療

《アゴの痛みの患者さん!(顎関節症)》

 

 

Kさんは、妊婦さんの頃から当院に通院してくださっていて、今は

 

「産後の骨盤矯正(引き締め)整体」の為にいらっしゃっております。

 

そんなKさんからある日TELが、かかって来て

 

「先生、アゴが痛くて開かなくなってしまって歯医者に行ったのですが

 

全然治らないんですー。先生の所で何とかなりませんか?」

 

との事。

 

これはいわゆる

 

 

顎関節症!!

 

 

ですね。

 

これに関しては、ワタクシかな~り研究を重ねてきておりまして

 

実は「大得意!」なんですよ。

 

すかさず「大丈夫です!もちろん実際に診ないと分かりませんが

 

そういう人、たくさん治したことありますから。」

 

と伝えたら

 

「すぐ行きます。最短でいつが空いてらっしゃいますでしょうか?」

 

という事で治療をする事に。

 

ところで、アゴがポキポキ鳴ったり口が開かなくなる原因って

 

皆さん、ご存知でしょうか?

 

本当の原因はアゴには無いんです。

 

実は肩甲骨から上の胸の部分からの歪みが大きいんです。

 

この方の場合も、肩甲骨がかなり”前肩”になっていらっしゃっていて

 

鎖骨が片方だけ「V字」のように曲がっておられました。

 

で、アゴ周りの圧痛をインディケーターにして、そこが取れるように

 

肩甲骨や鎖骨を整体矯正プラス鍼灸治療したら・・・・。

 

たった一回で

 

「あ、あれ?痛くないー!」

 

「開けても全然、痛みがなくなりました!」

 

と驚かれていました。

 

(本当に治った時って、人は喜ぶんじゃなくて”ビックリ”します!)

 

良かった良かった!

 

余談ですが、口の開閉運動つまり”噛みしめ”ってアゴの筋肉だけ使ってるんじゃなくて

 

「全身運動」なんです。

 

大体、人間の噛む力って体重かそれ以上あるんですが

 

アゴ周りと頭蓋骨側面などの、あんな小さい筋肉だけでそんなパワーを出せるはずない

 

ですからね。

 

人はモノを”全身で噛んでいる”んです。

 

参考・関連リンク

顎関節症