《日本の法人税って高いの?》

《日本の法人税って高いの?》

アメリカのトランプ大統領が法人税率を35%から20%に引き下げるそうですね。

そして個人事業者やパートナーシップの企業の税率は、一律に25%に。

(アメリカの会社の95%がこれらパスツルー企業と呼ばれるものらしいです。

そして個人所得税は最高税率を39.6%から35%に引き下げます。

→所得ごとに7段階に分かれて複雑化している税率も12、25、35%の3段階に

簡素化するとの事。

フランスはマクロン政権が、現在33.33%の税率から2022年に25%に下げますし

イギリスも10年で11ポイントの引き下げを行って、現在わずか19%。

なのに、日本の法人税率

(国税の法人税と地方税の法人住民税、法人事業税の3つを合計した法定の合計税率)

は本年度(2018年)29.74%もかけられています。

もっとも2013年の頃には37%もあったので

安倍政権が頑張ってはいるんですが・・・。

(その頃は世界第二位の高額税率です。)

→ま、昔はアメリカだって40.75%もありましたしね。

現在、どこの国の大企業もかなりグローバル化が進んでいるので

高い法人税をかけると、他の国に逃げちゃうんです。

(本社を移転したりなど、色々方法はあります。)

だから、どこの国も自国の税収を増やしてくれる有力企業を誘致しようと

法人税の引き下げ合戦を行なっています。

でも実際の日本の企業(特に大企業)は、ここまで法人税を支払っていません。

これが日本の赤字財政の根源にもなっているんですが。

あるデータによると、利益が上位100位以内にある企業のうち40社が法人税を

20%程しか払っていません。

そして、税がマイナスの会社が4社

1%以下が10社

5%未満の企業が2社。

20%未満の企業が8社あります。

資本金100億円超の大手企業が支払っている法人税率の平均は

わずか17.20%。

これに対して資本金1億円超~5億円以下の中堅・中小企業が37.92%も負担しています。

つまり、日本の法人税は、こういった中小企業からのの税収によって

支えられているワケですね。

→資本金1億円以下の法人には、中小企業に対する軽減税率がありますので

年所得800万円以下の部分は15%に軽減されています。

本来、体力があり儲けた分だけ支払うべきである、最も利益を出している大企業が

正当な税額を支払えば、もっと公平になるのに。

まさに”富めるものはさらに富を蓄え”の世界ですね。

ワリを食っているのは、いつも中間所得者です。

(個人でも会社でも。)

かといって、大企業に高額の税率をかけてしまうと簡単に

国外に逃げ出されてしまいますし・・。

難しい所ですね。

新宿西口治療院 アクセス

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7丁目9−15 ダイカンプラザビズネス清田ビル505

・JR新宿駅 徒歩10分
・大江戸線新宿西口駅 徒歩1分

0120-070-600

営業時間:7:00~20:00
休診日:水曜午後、木、日(※月2回 日曜診療)


新宿西口治療院 公式Twitter

「肩こり・腰痛体操」一覧

No.76 マコモのご紹介
No.75 身体の歪みを取り、内臓機能を高めて体を変える
No.74 痛みを取る、驚きの体操
No.73 質の良い昼寝の方法は?
No.72 メチャメチャ効く! 足のむくみ取りボールエクササイズ!!
No.71 座りっぱなしで足がむくむ人の体操
No.70 メチャ効く!(多分、他にはなーい!)新しいふくらはぎマッサージの方法
No.69 ストレートネックを改善する枕
No.68 皮膚病全般に効くマッサージ
No.67 飲み会で太らないための12カ条