新宿の整体・鍼灸の治療院なら新宿西口鍼灸整体院 | 私達はコリや痛みの原因に真剣に向き合っています。
無料相談受付中
0120-070-600
  • 診療時間
    • 7:00~20:00(最終受付 19:00)
    • 休診日:水曜午後、木曜、日曜 ※月2回 日曜診療

《暗い所で読書をすると目が悪くなるってホント?!》

 

 

これは実は医学的根拠は無いそうです。

 

近視は目の毛様体筋の緊張が度を越えて緊張し

 

固定されて元に戻らなくなる状態です。

 

確かに暗い所での作業は、明るい所で行うのに比べて

 

毛様体(目の筋肉のようなもの)の伸縮が強くなり目の負担は増加します。

 

しかしこの緊張も睡眠を取ったり目を休めれば、じきに緩んできます。

 

それよりも大事なの”距離”なんです。

 

レンズの構造上、近くを見る時にレンズの厚みは厚くなり

 

毛様体筋の緊張は増し、遠くを見る時はその逆。

 

だから暗い所でも距離を話して本を読んだりすればよいのですが

 

暗い所で距離を取ったら、モノなんてみえないですよね。

 

なら暗い部屋でテレビを遠くから見れば良いの?

 

と思うかもしれませんが、テレビやパソコンの画面からは

 

眼を非常に疲労させる作用のある「ブルーライト」が出ています。

 

とにかく近視を防ぐのに一番良いのは

 

「長時間、目の焦点の距離を一定にしない。」

 

という事です。

 

他の筋肉で例えると分かりやすいですが、椅子なんかに座っていても

 

長時間同じ姿勢だと、腰が固まって痛くなりますよね?

 

眼の筋肉も、それと同じです。

 

毛様体の緊張が固定化しないように

 

一定時間経つごとに、見るモノの距離を変えてあげる。

 

あるいは目の蒸しタオルなどで、温めて血行を良くして

 

目の周りの筋肉を緩めてあげるのが重要なのです。