新宿の整体・鍼灸の治療院なら新宿西口鍼灸整体院 | 私達はコリや痛みの原因に真剣に向き合っています。
無料相談受付中
0120-070-600
  • 診療時間
    • 7:00~20:00(最終受付 19:00)
    • 休診日:水曜午後、木曜、日曜 ※月2回 日曜診療

《好きな人にキスをしたくなるのは、なぜ?》

 

 

確かに、不思議ですよねーこれ。

 

考えてみれば、別に耳を合わせても、お腹をくっつけても

 

アタマだって、オデコだって、どこでも本来だったら良いはずですからね。

 

理由は唇が「人間にとって最も敏感な場所だから」です。

 

→なので”敏感な場所”であれば、他のどの場所でも良いわけなんですよ。

(フッフッフ。)

 

ここで相手に触れる事によって、より多くの相手の情報を得て

 

もっとその人を理解したい!

 

という人間のな欲求によって、キスをしたくなるんですね。

 

それともう一つ。

 

キスをするとオキシトシンが分泌されます。

 

別名“愛情ホルモン”と呼ばれるこのホルモンは、ストレスを軽減し

 

愛情や信頼などの感情を呼び起こすと言われています。

 

→医学的には、母乳を出したり、子宮を収縮させるなどの働きを持っています。

 

ただ、これは万人に対しての愛情(博愛)ではなく

 

「自分の属しているグループ内の人間に対する愛情度のみが上がる」

 

という事がある研究の結果、分かったそうです。

 

このオキシトシンを、実験で投与したアメリカ人の男性は

 

列車の事故(という設定下)において

 

アラブ人や東洋人よりも明らかに、欧米人を優先的に救助したそうです。

 

確かに、オキシトシンは家族や自分の属する民族への愛情を

 

アップさせる効用があるのですが

 

同時にそれは排他的な行動を促すことになってしまうわけですね。

 

(人種差別やナショナリズムなど)

 

こういった事も忘れないようにしておくと良いと思います。

 

では皆さん、グッドラック。

ご予約はこちらに!
0120−070−600