新宿の整体・鍼灸の治療院なら新宿西口鍼灸整体院 | 私達はコリや痛みの原因に真剣に向き合っています。
無料相談受付中
0120-070-600
  • 診療時間
    • 7:00~20:00(最終受付 19:00)
    • 休診日:水曜午後、木曜、日曜 ※月2回 日曜診療

《フラメンコの舞台の鑑賞に行ってきました!》

 

 

先日、当院の患者さんのデラフエンテチャベス由香さんの

 

フラメンコの舞台鑑賞に行って参りました!

 

 

 

場所は恵比寿の「サラ・アンダルーサ」

 

うーん、メチャおしゃれなお店です。

 

こういう異国風の雰囲気って凄く好きですね。

 

周りを見渡すと、当院の患者さんで、由香さんと一緒にバレエ教室に通われている

 

美人編集者のS原さんやT永先生も、いらっしゃっています。

 

今回の歌い手さんは、旦那さん(スペイン人)ともう一人。

 

それからギターの方が共演されていたのですが、由香さん曰く

 

このお二人は、スペイン本国でも

 

一流の中の一流!!

 

なのだそうで

 

確かにギターの音色や歌も「こんなに違うもんなんだー!!」

 

というくらい素敵でした。

 

そして最後に踊って下さった

 

「フィン・デ・フィエスタ」(曲:ブレリア)

 

フィン→終わり(映画のfinと同じですね。)

 

フィエスタ→祭り(フェスタ!ですね。)

 

つまり「祭りの終わり・余興」という意味だそうなのですが

 

ここでの踊りが、ホントスゴイ!

 

だって「即興の踊り」なんです。

 

歌に合わせて

 

「こー来たら、こう。」

 

「あー来たら、あー。」

 

(「ウーム、そう来たか!・・・。ニヤリ!」)

 

みたいな感じで、決まりのない中を自由に踊っていくんです。

 

(いーな、いーな。こういうの。)

 

ジャズとか音楽の世界では、そういう即興みたいながあるのは聞いた事がありましたが

 

踊りの世界では、不肖ワタクシ、初めて拝見させて頂きましたー。

 

→「実はあれってですね・・・。」と、後から聞いてびっくりしました。

 

でも、本来ダンスの世界ってそういうものですよね。

 

気に入った曲が流れたら、感極まって勝手に体が踊りだしちゃう的な。

 

ある当院に通われているバレエの先生が

 

「嬉しかったり楽しかったりしたら、勝手にスキップしちゃうでしょ?」

 

「バレエも、そういう風にナゼ出来ない?」

 

って仰いますが

 

「イヤ、出来ねーよ!(出来んのアンタだけだよー!)」

 

(K村さんの心の声・・・。)

 

確かに、それに通ずるものがありますよね。

 

ちなみに。

 

整体治療・鍼灸治療でもありますよ、そういうのは。

 

エネルギーの高い人を治療する時とか、相性の良い患者さんを施術する時とか。

 

勝手に手が動き始めるんですよね。

 

で、そう言う時って普段だったら絶対使わない技だったり

 

良そうだにしない部分に手が行ったり、とても不思議な事が起こるんです。

 

(実はこれって、私が考える”7つの治療の奥義”の中の1つ

 

でもあるんですよね。)

 

 

↓ ゴッドハンド通信 治療の奥義

 

http://godhand-tsushin.com/mon/miyamoto/996.html

 

 

まー、それは置いておいて。

 

美味しいワインと料理を楽しみつつ、フラメンコを鑑賞する。

 

あー、人生って最高だ!!

 

最後に愛娘のサマラちゃんと、パチリ。

 

 

 

うーん、この子は間違いなく将来「超美人!」になりますね。

 

(手相も、情熱的で良い手相をしていましたし非常に楽しみだ!)

 

では今回はこの辺で。

 

皆さん、グッドラック。