《バレエになぜ”若返り”の効果があるのか?》(その2)

《バレエになぜ”若返り”の効果があるのか?》(その2)

前回の続きです。

肉体面においての、バレエの”若返りする理由”があるとすれば、その

「身体の使い方」

にあると思います。

整体的な観点から考えて、私は

老化は「身体が重力に負けて上下に縮む事」で

「身体が全体的に下に下がる事」

だと考えていまして・・・。

実際に高齢者のお婆さんなんかの身体を診ていると

猫背になり「肋骨が下がって骨盤との隙間が非常に狭い」

状態となっています。

比べてみると分かるのですが、健康な成人の男女では、肋骨と骨盤の間には

“指が3本”くらい入るのに

高齢者の方は指が1~2本程度しか、入らない方が多いのです。

つまり、これは胴体部分が”上下方向”に圧縮されて潰れてしまった状態。

ちなみに腰が悪い方も同様の身体をしていて、悪い姿勢を長時間続けていたために

腰が「縦に潰れていて」コアマッスルの”要”である腸腰筋も硬く短縮しています。

(腹圧も高まっています。で、呼吸も浅く苦しくなる。)

さらに潰れて、腹圧が高まると、椎間板が薄くなって、髄核が飛び出してきて

神経圧迫。

これがいわゆるヘルニアのもと、というワケです。

→「腰痛とヘルニアは関係ない」という説も最近では言われていますが

それはここでは置いておいて。

それに対してバレエは体幹を”長軸方向に伸ばす”ように指導されます。

(身体を前後に倒す時も、左右に側屈させる時も、全てにおいてです。)

→つまり

肋骨を引き上げると同時に骨盤を下方にしっかり安定させて

股関節で地面をしっかり捉え

骨盤、肋骨を上下に引き剝がすという身体の使い方。

これが非常に良くて、これだけで重力に負けて潰れてくるボディを縦に伸ばして

内臓にかかる負担を減らし、内圧を低くする事につながるのです。

バレエをされている方は(もちろん正しい方法でですよ?)

身体が上下方向に伸びているので、美しく見えるだけでなく内臓も引きあがって

健康になる。

(内臓の調子も良くなるので、お肌もきれいになる。)

自分で書いていていうのもなんですが、ホントにバレエで要求される事って

よく考えられているんですよねー。

しかも万物に共通する理論。

T永先生が良く仰る

「バレエだけ”特別”って思わないで!」

とゆー事の意味が、しみじみとよく分かります。

新宿西口治療院 アクセス

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7丁目9−15 ダイカンプラザビズネス清田ビル505

・JR新宿駅 徒歩10分
・大江戸線新宿西口駅 徒歩1分

0120-070-600

営業時間:7:00~20:00
休診日:水曜午後、木、日(※月2回 日曜診療)

「肩こり・腰痛体操」一覧

No.76 マコモのご紹介
No.75 身体の歪みを取り、内臓機能を高めて体を変える
No.74 痛みを取る、驚きの体操
No.73 質の良い昼寝の方法は?
No.72 メチャメチャ効く! 足のむくみ取りボールエクササイズ!!
No.71 座りっぱなしで足がむくむ人の体操
No.70 メチャ効く!(多分、他にはなーい!)新しいふくらはぎマッサージの方法
No.69 ストレートネックを改善する枕
No.68 皮膚病全般に効くマッサージ
No.67 飲み会で太らないための12カ条