《うつ病の対策法》

《うつ病の対策法》

◎今回は「うつ病の対策法」についてお話させて頂きますね。

《対策その1 “セロトニンを取る”》

うつ病は疲れによりセロトニンが減少し、脳内の神経伝達物質の働きが

悪くなる事によって起こります。

ですので、セロトニンの原料となるアミノ酸のトリプトファン

(卵の白身・はちみつ・バナナ・大豆製品)などを取ると良いです。

《対策その2 “環境をいきなり変えない”》

うつ病の人は会社をやめたり、引っ越しやなど環境を突然に変える事を

しない方が良いようです。

(もちろん、気分が変わって、それがきっかけで快方に向かう場合もあるのですが

人に寄りますので、徐々にやっていくのをお勧め致します。

(いきなり会社を辞めるよりは1クッション置いて

“ひとまず休職をする“ようにする方が良いです。)

《対策その3 “カウンセラーの費用など医療費はは公的補助を

                       フルに使う“》

◎以下の3つを憶えておくと良いでしょう。

(※ただ法制度は、どんどん変わっていきますので注意。市区町村の役所などに確認するようにしてください。)

1、障害者自立支援法で薬代が1割負担になります。(市区町村の精神保健福祉が担当となります。)

2、カウンセラーの費用も保険が適用できます。(医師の診断書が必要)

3、市区町村の保健センターが利用できます。(地域によります。)

《対策その4 “日記をつける”》

日々、心に浮かんだ事などを日記に書くのは”認知療法”

(自分の考え方のクセを知り、ストレスを減らすような行動や考え方などを導き出す)

の一種となり効果があります。

《対策その5 “できる事とできない事を明確にする”》

うつ病の人に対して、まず「できる事」と「できない事」をはっきりとさせます。

そしてできる事は自分でやらせるようにします。

できない事は無理してやらせない。

この区別が非常に大事です。

(つい、何でもかんでも周りの人がやってしまいがちになりますので。)

《対策その6 “あせらない・自分を追い詰めない”》

うつ病の人は寝ている時はエネルギーをチャージしている時と思って下さい。

(ある程度、放っておく方が良いです。睡眠はしっかり摂った方が

快方に向かいやすいです。)

うつ病の人が良くなるには最低でも6か月、大体多くの場合2,3年かかります。

長い場合は7~10年の人もいます。

時間がかかるのは辛いですが、長期化してもあせらない事が大切です。

うつ病は、薬が効いていったん良くなったように見えても

またすぐに悪くなったり安定しない事が多いです。

ですので日々の変化に一喜一憂しない事です。(長い目で見て全体的に良くなって行けばよいのですから。)

そして、うつ病は実は治りかけの時が一番危ないのです。

(躁と鬱の落差に苦しむからです。)

家族もこの時期は注意して見守るようにしましょう。

ではまた。

新宿西口治療院 アクセス

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7丁目9−15 ダイカンプラザビズネス清田ビル505

・JR新宿駅 徒歩10分
・大江戸線新宿西口駅 徒歩1分

0120-070-600

営業時間:7:00~20:00
休診日:水曜午後、木、日(※月2回 日曜診療)

「肩こり・腰痛体操」一覧

No.76 マコモのご紹介
No.75 身体の歪みを取り、内臓機能を高めて体を変える
No.74 痛みを取る、驚きの体操
No.73 質の良い昼寝の方法は?
No.72 メチャメチャ効く! 足のむくみ取りボールエクササイズ!!
No.71 座りっぱなしで足がむくむ人の体操
No.70 メチャ効く!(多分、他にはなーい!)新しいふくらはぎマッサージの方法
No.69 ストレートネックを改善する枕
No.68 皮膚病全般に効くマッサージ
No.67 飲み会で太らないための12カ条