新宿の整体・鍼灸の治療院なら新宿鍼灸整体院 | 私達はコリや痛みの原因に真剣に向き合っています。
無料相談受付中
0120-070-600
  • 診療時間
    • 7:00~20:00(最終受付 19:00)
    • 休診日:水曜午後、木曜、日曜 ※月2回 日曜診療

《野口整体の12種体癖と世界の国の人種との関連性は?その4(前後型)》

 

 

《前後型》(呼吸器型)5種・6種

(国で言うと【アフリカ】系。呼吸器が強い。腰椎5番が反っているのでバネがある。

 運動能力が高い。)

 

・腰椎5番でバランスを取り、利害得失を中心にして物事を考える。

 

→アフリカ人って本当はこういう要素を持っているんですね。(意外ですね。)

 

今は途上国として、世界に埋もれているようですが台頭して来たらこのような

 

油断ならない存在になるのかも!

 

・合理的で、損得計算が得意。

 

・前屈み姿勢になることが多い。

 

(前屈み姿勢は、常に一歩先のことを意識している。)

 

・じっとしていることが我慢できないタイプ。

 

・直立している時は体重が足の前にかかるが、お辞儀をするときにお尻が飛び出して足の後ろに体重が移動する。

 

 

 

 

《5種》

 

・5種は行動的な合理主義者でスポーツマンタイプ。(呼吸器が丈夫。)

 

・行動しながら考えるのを好み、じっとしているのがダメな人。

 

・ながら勉強を好んだり、仕事を並行して進める特徴がある。

 

→せっかちなんで、そうなります。

 

・目立ちたがり屋。(人が見ているとついつい気取ってしまったり、威張ってしまったりする。)

 

・人を集めてわいわい騒ぐことが好き。

 

・所有欲が非常に強いが、所有してしまったものには関心が無くなる。借金をしたりして、不安を抱えている時の方が活動的であり、逆に満たされてしまうと怠惰になる。

 

・ストレスがたまると無駄遣いや衝動買い、あるいは冒険をして発散する。

 

・音楽ではテンポ・リズムに気が向きやすい。

 

→アフリカ系ってそんな感じですよねー。

 

・体型的に肩幅が広いV字型の胴体。胸を張って反り返っていることが多い。

 

 

 

《6種》

 

・呼吸器が弱く、あごを突き出したり肩が前へ出て前屈みな姿勢が多い。

 

・あごが尖っている、あるいはしゃくれていることが多い。

 

・意識すればするほど肩に力が入り、ますます自分で思うような行動ができず(5種は肩に力が入ると行動できる)憂鬱になりやすく、熱い言葉を吐くことを好む。

 

→6種の人は、肩に力が入りやすいのです。5種はプレッシャーに強く追い込まれると力を出しますが、6種は力が抜けるとスッとうまく行く。

 

・非日常的な場面やイベント、台風などの異常事態や祝祭空間で元気が出る。

(お祭り好き、しかし一人でゆっくり楽しむ。)

→いますよねー。台風が来ると「ワクワクする!」と言う人。

5、6種ともお祭り好きなのですが、陽性の5種が

みんなと一緒にワイワイ楽しむのに対して

陰性の6種の人は一人でじっくり楽しむのです。

 

・胸にロマンを秘めたタイプ。

 

・時に破滅的行動、殉教者的行動を取ることがある。

 

・構ってもらいたい欲求が強く、無意識のうちにヒステリーを起こしたり体調を崩して

周囲の関心を引こうとする傾向がある。

 

・小さい音がしても勉強できない。

 

・非常に良く食べるが、食欲があるというよりも、食べないと体が持たないのではないか

と言う不安から食べている場合が多く、この点で3種とは異なる。

 

→食べること自体を楽しむ3種とは違いますよね。

 

不安だからバクバク食べる。

 

・常に情報過剰で進歩が速い今の時代は、6種体癖が適応しやすく数が増えつつあるという指摘がある。

 

 

その時代ごとに「生きやすい体癖」は変わってきます。

 

現代社会では、このように不安によって突き動かされる行動が主である6種が

 

生きやすい世の中なのかもしれません。

 

〒160-0023

新宿区西新宿7-9-15ダイカンプラザビズネス清田ビル505

新宿西口治療院

TEL  0120070600

メール nishiguchi555@gmail.com