骨折の後遺症への鍼治療

鍼・レインボーテープによる骨折後の後遺症いついての治療

骨折した後、病院に行って時間が経ち、骨がくっついても「まだ、痛みが残る!!」事は非常に多いようです。
(「雨が降ったり湿気のある日は痛い。」とか「冬になったり、寒くなるとズキズキ痛む」など。)
そして、関節の動きも骨折をしていない側と比べると、明らかに悪い・・・。固くなっていて動かしにくい・・・。
当院では、これらについて色々、臨床で研究を続けた結果、「鍼とレインボーテープ」による治療によって、かなりの確率で改善が期待できる事が分かってきました。
分かりやすいように質問形式で以下に説明してありますので、是非お読みください。Q:鍼

(はり)ってどんなもの?

Q:骨折後の痛みって何なんですか?なぜ骨はくっついているのに痛みが残るの?何年もですか?

A:骨折をすると骨自体が折れるだけでなく、骨の表面をおおっている「骨膜(こつまく)」も損傷します。
骨は例えば上肢の場合で4週~6週間ほどでくっつきますが(年齢・個人差はもちろんあります。)骨膜と呼ばれる結合組織は、そう簡単に元の綺麗な状態には戻りません。
(腱や靭帯が損傷や断裂したら、なかなかくっつかないのと同じです。手術が必要な場合も多いくらいですから。)
骨膜が損傷すると、当然炎症を起こします。炎症を起こした組織は癒着します。
(手術後に腹膜が癒着するように)
その部分は柔軟性を失って“カサブタ”のようになり、周りの組織を引っ張って疼痛や不快感を引き起こします。
これが、骨折後の痛みや運動制限(手首や肘が曲がらないなど)の原因なのです。

打っている所を見せてください!

Q:癒着は、ほっといても取れないの?

軽い癒着や小さなものなら、時間がたてば流れてしまって、組織が元通りキレイに再生されます。
しかし、大きいものはそうは行きません。
ずっと身体の中に残っていて、様々な慢性病の原因になったりします。
(腰痛や頭痛、お腹や股関節、膝の痛みなど関節などに出る場合以外にも、蕁麻疹など皮膚に出る事もあります。
特にヘソ周りの傷跡は、皮膚の問題に出るそうです。これは私の知り合いのアメリカの鍼灸師が言ってました。)

鍼灸はなぜ効くのですか??

Q:骨膜の癒着(コリ)は、治せるんですか?どうすればいいんですか?

A:当院では、人体を“水の入った皮袋”のようなものであるとイメージしております。
そして、さまざまな辛い症状、慢性的な痛みはこの「袋の部分」つまり筋膜・腹膜など“膜”の異常が原因だと考えております。
「骨膜」も膜の一種です。
ですので異常を起こした骨膜上つまり骨の際をたどっていくと、必ず「癒着した部分・硬結」があります。
これを鍼やレインボーテープによって取り去ると、何年も取れなかった症状が大きく改善していくのです。
また、これは非常に面白い事なのですが(そして重要!)人間の体は色々な膜によって、各区画に分けられ、全体として、つながっているのですが、袋の一か所に異常(ひきつれ)が起こると全然、別の所に痛みや不快感が起こる事があります。
(ちょうど風船の一か所を引っ張ると、離れた部分がひきつれて固くなるように)
なので、骨折したのとは違う所に痛みが出たり、逆に折ったのとは離れた部分の癒着を取ると、骨折後の慢性的な痛みが取れてしまう事もあります。
この膜の流れを、長い時間の研究の末に系統的に作り上げられたものが、東洋医学の「ツボ・経絡・気の流れ」なのかもしれませんね。
近代においてもThomas・W・ Myersという人が「アナトミー・トレイン」という本の中でこの説について述べています。

「アナトミー・トレイン徒手運動療法のための筋筋膜経線」(Amazonページ参照)
Thomas・W・ Myers著(医学書院)

日本の鍼(はり)と中国の鍼との違いはあるんですか?

Q:鍼は分かるんですが「レインボーテープ」って何ですか?

「色」はそれぞれ固有の“振動数”を持っており、一種の波動のようなものを発しています。
そして「病(やまい)」も波動の乱れです。
「色に対する体の反応」を利用して、乱れた波動を中和して体のバランスを整えるのが“レインボーテープ”です。
弱った内蔵に対応したツボにカラーテープを貼ることによって歪みが調整され、体液循環がよくなり、全身のコリ、痛み・冷えなどあらゆる症状が改善していきます。
中でも紫のテープは炎症を中和する働きを持っており、捻挫や骨折の後遺症の治療において、その効果に驚かれる方も多いです。(アスリートの方の怪我にも非常に良いです。回復が何倍も早くなります。)

※詳しくは当院のトップページ左側下にある「色で病気を治す!レインボー療法」をご覧ください。
また、以下にレインボー療法のサイトをご紹介致します。

※レインボー療法HP~http://www.bys.co.jp/rainbow.html

※レインボー療法の本~著者で「Amazonのページ参照」
・色の治癒力―「気・色・食」の気づき・レインボー療法の驚異
小野田 順亮 (著) 知玄舎

・色彩が世界を癒す―色の治癒力を活かすレインボー療法
小野田 順亮 (著) 知道出版

◎これらの方法を使って、当院では何年も(何十年も)苦しんだ骨折や捻挫の後遺症に苦しんでいる方の治療を行なっております。お困りの方は、是非一度当院までご連絡頂ければと思います。

新宿西口治療院 アクセス

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7丁目9−15 ダイカンプラザビズネス清田ビル505

・JR新宿駅 徒歩10分
・大江戸線新宿西口駅 徒歩1分

0120-070-600

営業時間:7:00~20:00
休診日:水曜午後、木、日(※月2回 日曜診療)

「肩こり・腰痛体操」一覧

No.76 マコモのご紹介
No.75 身体の歪みを取り、内臓機能を高めて体を変える
No.74 痛みを取る、驚きの体操
No.73 質の良い昼寝の方法は?
No.72 メチャメチャ効く! 足のむくみ取りボールエクササイズ!!
No.71 座りっぱなしで足がむくむ人の体操
No.70 メチャ効く!(多分、他にはなーい!)新しいふくらはぎマッサージの方法
No.69 ストレートネックを改善する枕
No.68 皮膚病全般に効くマッサージ
No.67 飲み会で太らないための12カ条