新宿の整体なら17年で8万人もの症状を改善した新宿西口治療院

トップ 料金 アクセス よくある質問 スタッフ 皆さまからの声 肩コリ・腰痛体操 ブログ


No.29 温水冷水健康法
末梢の循環改善!冷えを取る!空腹に耐える体を創る!
 これはドイツなどヨーロッパでも病気治しのために、昔から良く行われていた健康法で、もともと、両手足の末梢の循環を改善し“冷え”を取るのに有効であるとされていたものなのですが・・・

       「実は、空腹を抑えるのにも効果がある」

 という事が、色々な人の体験から分ってきたようです。
 (あの“サンプラザ中野さん”も、ベジタリアンになろうとチャレンジした時、空腹をまぎらわすために行なったそうです。)←彼は芸能界でも“健康法オタク”で有名らしいですね〜。

    と、いう事は・・・・・。

 “ダイエットを成功させるための強力な武器になる”ってコトですね!

 ダイエットにも成功して、さらに手足の冷えも改善し「健康体」になる!
 こりゃ〜、やるしかないッスよー!!(ググッ!)
《やり方 その1(温冷交代浴)》
 方法は、そんなに難しくないッス。
 「熱めのお風呂(42度〜44度前後)に一分間」入った後、「冷たいシャワーを1分間」浴びるだけ!

 これを交互に7回〜11回繰り返します。
 本当は“冷たいシャワー”よりも「水風呂」が良いんですけれどもね〜。
 (水量が多いほど体内への熱の浸透度合いが強くなるので。大きい風呂に入った場合、いつまでも温かいのと同じ理論です。)
 ドイツなどヨーロッパのサナトリウム(保養施設)なんかだとお風呂じゃなくて、サウナなんかも使うそうです。
 でも実際やってみると、やっぱり“直接肌が水に触れた方が良い”みたいです。
 (これは私の実体験ですけれどもね。体の“毒素”がお湯や水に溶け出す感じ・・・。)
 でもって、最後は「水」(冷)で終わります!

→ これで“空腹が何だか知らないけど、まぎれちゃう!“のです。
   皆さん、やってみてー。
 (つまり「腹減った〜。」と思ったら“風呂に入る”のです。)
《やり方 その2(両手両足交互水かけ法)》
 お風呂を出る時も、同様に温冷浴を行います。
 ただし、両手両足の“肘から先”“膝から下”の部分だけです。この部分に4回〜5回ずつ20〜30秒程度で良いので交互に熱いお湯(42度〜44度前後)と冷たい水をかけます。
 そして最後は同様に「水」(冷)で終わり!です。
 これを続けていく事によって、不思議な事に手足が“冬でもポカポカ”になっていきます。
 (大体、毎日続けていって2週間ほどで変化を感じる方が多いようです。)

                       【注意点】
◎「温める」時は、まーそれ程気にしなくて良いんですが、問題は「冷やす」時です。なるべく以下の順番で行うようにしてください。

1.  水シャワーを指先から肩の付け根まで、かけていく。
2.  両手が終わったら、両足の指先から足の付け根までかけていく。
   (ひざ裏は少し長めに当てておくと、効果が高いです。)
3.  上半身を前に倒して“首”に水をかける。
4.  頭にも同様に水をかける。(←これ、スッゴイ気持ち良いですよ〜。)
5.  シャワーの水を手ですくって胸の“心臓”あたりに、少し水をかける。
6.  気合いを入れて“胴体”全体に水をかける。
   (僕は、ココで良く“叫び声”をあげてます。)(笑)
7.  あとは、もう全身まんべんなく、好きな所に水シャワーをかけまくってください。
   (脇の下や股関節のソケイ部あたりは、リンパ節が集まっているので、しっかりかけておくと効果がアップします。)
 以上です。さっそく今日からでもできる、この「温水冷水健康法」是非試してみてくださいね!!

Copyright ©2005- 新宿西口治療院 All Rights Reserved