新宿の整体なら17年で8万人もの症状を改善した新宿西口治療院

トップ 料金 アクセス よくある質問 スタッフ 皆さまからの声 肩コリ・腰痛体操 ブログ


◆当院の11の特徴
◆はじめての方に
◆なぜコリや痛みって起こるの?
◆どんな症状効くの
◆整体はどんな時に行くの?
◆治療の流れ・風景
◆治療の前後について
◆妊婦さんの治療について
・予約制ですか?
・着替えはありますか?
・鍼で感染はしないですか?
・健康保険は使えますか?
・治療は実際どんな事する?
・こちら独自の特殊な治療法って?
・最近、開発した治療法は?
・治療時間はどれくらいですか?
・生理期間中にも施術を受けて大丈夫でしょうか?
・整体などの治療を受けてはいけない場合はありますか?
・どれくらいのペースで通院すればよろしいでしょうか?
・治るまでの期間はどれくらい?
・ぎっくり腰は良くなリますか?
・寝違えはどうでしょうか?
・O脚は治るのでしょうか?
・治療を受けた日に、お風呂は?
・治療のあとは安静にしたほうがいいですか?
・自分で出来る整体法も教えて?
・予約は何日前から取れますか?
・クレジットカードは使えますか?
・鍼を打っても打たなくても治療費は一緒ですか?
・女性一人で行きたいのですが不安です。
・施術中に触られると、とてもくすぐったい部分が・・・
・施術中にお腹がグルグル鳴ったりするのは何故でしょうか?
・背骨や骨盤はなぜ歪むのですか?
・痛くなってから 治療すれば良いのですか?
Q:予約制ですか?
A:当院は完全予約制とさせて頂いております。必ず、お電話でご予約の上ご来院頂きますようお願い致します。ご予約の空きがある時には、当日でもお取りできる場合がございますが、早めにご連絡を頂いた方が希望の時間に施術できます。特に夕方以降は大変込み合いますので、数日から一週間前のご予約をお勧め致します。
(ぎっくり腰や寝違えなどの急性の症状の場合には、ご予約のワクを調整して治療致しますので、そのような場合はひとまずTELなどでご連絡ください。)
Q:着替えはありますか?
A:はい、全てこちらでご用意してあります。上は治療専用のジッパーにより肌の露出が最小限に抑えられるタイプの物、下は使い捨ての短パンを揃えてあります。手ぶらで大丈夫です。
(また着替えをご自分で用意されたい方は、そちらをお持ち頂いても結構です。)
Q:鍼で感染はしないですか?
A:当院は1回使い捨ての鍼を使用していますので、鍼から感染の心配はありません。ご安心ください。
Q:健康保険は使えますか?
A:当院は治療効果を最大限に出すために、さまざまな制約のある保険診療は行っておりません。自費治療のみとなります。すみません。
Q:治療は実際どんな事するんですか?
A:基本的には筋肉に対しては、コリなどを確実に変化させる当院独自のスライドマッサージを行い、骨格の歪みに対しては、全体的な体のバランスを確認した後に専門の調整器具を使って痛くなく安全で確実にアプローチさせて頂いております。(体のバランスの徹底的な調整につきましては、こだわりがあります!)
「施術に痛みはともなうかどうか?」ということに、つきましても、強引に力づくで動かしたり、無理な調整を行う事はありませんので、基本的には痛みを伴うことはありません。(実際に施術を受けると、深くリラックスして、気持ち良くなり寝てしまう方も大勢いらっしゃいます。)
他に、その方によって必要であれば、整体やカイロプラクティックのワクに収まらない、多彩な調整やお灸(電気で温めるもので、ヤケドの心配のないタイプ)、鍼なども使っていきます。鍼につきましては、イヤな方にはもちろんいたしません。大丈夫な方には打ちます。やはり効果としては凄いものがありますので。
また、それ以外にも、他では見られない特殊で効果的な治療法も行っております。
Q:こちら独自の特殊な治療法って?
A:やはり額の骨(頭蓋骨)を上げてあげることによって、ストレスを抜く治療法でしょうか。呼吸とイメージングとミックスさせてかなりの効果を出しています。もちろん人によって効果は変わりますが、頭蓋骨を変えると嫌な事を思い出してもそれ程腹が立たなくなったり、思い出しづらくなったりするんですよ。
繰り返してやっていくうちに、効果が蓄積してきて潜在意識が変わり、表情も変化していく方も多いです。
(これからの時代に、こういった新しい治療法はとても必要とされていくと思います。)
あとは、顔の調整をして重心を整えて姿勢を良くしたりとか。
頭とか顔の調整は0.3ミリ単位で微妙に行なうのですが、(超ソフト)治療していても非常に楽しいです。
それと背骨の掃除ですね。(骨にへばりついている、癒着を取るんです。背中がすっきりします。骨の柔軟性も良くなりますね。)
他には、ダンサーの方のために、“体のうまく使えていない部分を、効果的に使えるようにする”独特の関節調整も行っております。(これを行っていくと怪我なども、非常に少なくなっていきます。)
Q:最近、開発した治療法は?
A:妊婦に対する"つわり"の治療法です。これは、他の所でもキチンと対応できる先生は少ないのではないでしょうか?(当院にも「妊娠したら、今まで行っていた整体に断られちゃった・・・。」という妊婦さんが多くいらっしゃっております。)
かなりの改善率で、とても感謝されています。私、妊婦の治療って好きなんですよね。エネルギーに溢れていて、なんだか治療していると、こちらの方まで「ホワ〜っ」と温かい気持ちになるような気がします。
(つらい症状が改善されると特に。)(笑)
それから妊娠期間中は、それまでもっていた毒素が排泄されるので“体を変えるのに最適の時期”です。
(そうめったに無いこの時期をプラスにするのか、マイナスにするのかはその方の行動ひとつなんです。)
是非、整体による治療を受けて、体質を改善させて言ってください。
Q:治療時間はどれくらいでしょうか?
A:まず言える事は、「現在のその人にとって必要かつ十分である刺激を、的確に確実に入れる」ことが一番重要なことです。よく、「たくさん時間をかけてやってもらわないと、なんかやって貰った気がしない」という方がいらっしゃいますが、本当は間違いなんです。
人間の体は一度に、ある一定以上の刺激は受け入れられないようになっているんです。
(その人にとっての必要な刺激量がある訳ですね。)
その中で"最大限に効果を出すような治療の量"を行なう事が最も大事な事です。ベストは30分以内ですが、僕はつい、目の前のつらそうな患者さんを見るともっとやってしまいます。(笑)
それでも、かかっても40分〜1時間でしょうか。治療時間が長ければもっと効果が出るというわけじゃないんですよ。(これは非常に大事な所です。)でも、真面目に通った人って本当に体が変化してますよ。それは間違いないです。
Q:生理期間中にも施術を受けて大丈夫でしょうか?
A:大丈夫です。 生理痛に関する治療は、当院が最も得意とするところです。さらに生理痛を緩和するためにも生理前と排卵期にも治療を受けることをお勧め致します。
Q:整体などの治療を受けてはいけない場合はありますか?
A:基本的には、飲酒後・高熱を出している場合・末期の癌や・骨折の疑いがある場合には治療をお断りさせて頂いております。
また骨粗しょう症の方で重度の場合も注意が必要です。(ベットで上半身を少し捻じっただけで骨折してしまう場合など)ただ、熱に関しては風邪の初期症状など微熱程度の場合には、治療を受けると早く経過して予後も良好である事が多いです。この場合は直接ご相談ください。
Q:どれくらいのペースで通院すればよろしいでしょうか?
A:症状にもよりますが急性の方や重症の方は、週2回前後のペースで治療をお受けになることをお勧め致します。
状態が安定してきましたら、2週間に1回、3週間に一度など徐々に、回復の程度を見ながら治療間隔を開けていき、最終的には体調管理として月に1回のペース、もしくは症状が悪化した時に再来院して頂く形にしていく事を目標としていきます。
Q:治るまでの期間はどれくらいかかりますか?
A:その方の症状や体の状態によって治療期間は異なりますので一概には言えませんが、初診の時にお身体を拝見させて頂いて、改善するまでの大体の目安をお伝えしております。
初回の治療後に「痛み・体の変化」が確認できることが多いですが、当院では単純に「痛みさえ取れれば、それでOK」とはせずに、その根本原因を取り去って、体質の改善までを治療の目的としています。
そのためのアドバイスもさせて頂いております。
是非、症状だけ取れて「プラスマイナスゼロ」というだけでなく、これを機にさらにお身体を“痛みが出る前の体以上”に、より元気で健康な状態となるように目指していってください。
Q:ぎっくり腰は良くなリますか?
A:ギックリ腰にも色々なタイプがあり(急性の腰痛は、どのような原因・状態でも、全てひとくくりにして「ギックリ腰」と言うのです。)その時の炎症の強さにもよりますが、かなりの方が改善されます。
「ギックリ腰は、寝ていれば治る」と思われる方もいらっしゃいますが、痛みを起こした部分は筋肉や腱などの組織が、言ってみれば挫傷を起こしたような状態になっています。そこをそのまま放っておいた場合は、組織が絡んで“癒着”した状態で残ります。
何度も、急性の腰痛を起こしている方はこのような癒着したコリが、体中にあるので症状も重くなり、非常に治りにくくなります。是非、きちんとした治療を受け、その都度、適切な処置をされる事をお勧め致します。

《ぎっくり腰を起こしてしまったら》
もしギックリ腰を起こしてしまった場合には、自分で揉んだり強いマッサージは避けるようにしてください。痛みの強い場所を触って熱感があるようでしたら、冷シップなどよりも氷やアイスノンなどで冷やすようにして、まずはお電話でご相談ください。
Q:寝違え(ねちがえ)はどうでしょうか?
A:“朝起きから首が痛い!”などの寝違えも、急性の筋肉・腱の炎症という面においては、ぎっくり腰を同じです。こちらの方にも対応させて頂きますので、まずはお電話で、ご相談下さい。

Copyright ©2005- 新宿西口治療院 All Rights Reserved