新宿の整体なら17年で8万人もの症状を改善した新宿西口治療院

トップ 料金 アクセス よくある質問 スタッフ 皆さまからの声 肩コリ・腰痛体操 ブログ


◆当院の11の特徴
◆はじめての方に
◆なぜコリや痛みって起こるの?
◆どんな症状効くの
◆整体はどんな時に行くの?
◆治療の流れ・風景
◆治療の前後について
◆妊婦さんの治療について
・毎月来る生理、「痛みが出る人」
と「出ない人」ココが違う!」

・生理痛に対する西洋医学的考え
・生理痛に対する東洋医学的考え
・西洋医学による生理痛の治療法
・東洋医学・代替療法による生理
痛の治療法
・「生理痛Q&A」
・「生理痛の自己ケアについて」
◆「生理痛Q&A」
Q:生理痛ってなぜ起こるんですか?

A:一番の原因は体の冷え、または子宮の病気などによる“子宮内部の血液の循環不良”です。
この血液の流れが悪くなるために、子宮が体の中のいらない血を外に出そうとして強く収縮します。
この“子宮の収縮する痛み”が生理痛です。

Q:じゃあ、女の子だったら誰でもあるわけじゃないんですね?

A:もちろんですよ!子宮がきちんと働いて、正常な状態であれば生理痛はないんです。

Q:ええーっ!私は高校生ぐらいから生理痛が強くなったんですけれど、一生この痛みと付き合わなければならないのかと思っていて、今までずーっとブルーになっていました・・・。この痛みって良くなる可能性があるんですか?

A:高校生ぐらいから悪くなったのであれば、勉強や受験によるストレスなど精神的な問題や、ミニスカートやおヘソを出すファッションなどで体を冷やしたのが原因かもしれませんね。そういったことによって、体の歪みや骨盤の中の血液循環の不良が起こって、生理痛が出てきたと考えられます。

Q:「体の歪み」と「骨盤の中の血液の循環不良」が原因なんですかー。と、言う事はこれらを先生に治療して頂ければ、私の生理痛ももしかして・・・?

A:かなりの確率で改善に向かうと思います。もちろん何事も100%という事はありえませんから、絶対治るとは言いません。ただ、当院にいらっしゃった生理痛を持つ方は、それまでの症状に比べて痛みが減って、継続的に良くなっていく方が大変多いです。
あ、それから生理痛の原因は大きく分けて2つある事を言っておきますね。

Q:2つの原因ですか?

A:はい。それは「子宮や卵巣など女性器の病気による“器質的なもの”」と「体質などからくる“機能的なもの”」です。

Q:それらは、どう違うんですか?

A:「器質的なもの」とは、子宮筋腫や卵巣脳腫、子宮内膜症など“女性器官そのもの”に病気を持っていて、子宮機能に問題が起こり、強い痛みが起こる場合です。このパターンの場合は病院などで一度きちんと診断して頂いてから、西洋医学的な処置と平行して当院での治療を行います。
「機能的なもの」とは、西洋医学的には原因がはっきりしないもので(多くの生理痛はこのパターンが多いです。)子宮や卵巣には特に病変が無いのに、強い痛みが毎月起こるものです。
そのほとんどのものは、「体の冷え」「骨盤の歪み」「お腹(特に下腹部)のコリ」「精神的ストレス」などから来るものが多いです。

Q:んー、婦人科ですかー。行きたくないな〜。でも仕方ないかな。一応調べてもらわないと怖い病気だったら後々困りますもんね。

A:そうですよー。一度調べてもらって問題なければ安心できるでしょ?ただ、もし子宮や卵巣などの病気があったとしても、ただそのままにしておくのと、当院で治療を受けて頂いた場合とでは全然結果が違うと思いますよ。もし、進行していく病変であっても鍼や整体で炎症を抑えたり、お腹の癒着(コリ)を取ってから骨盤を整えて自己治癒能力を高めてあげると、その治癒の度合いがやはり違います。今までこれらの疾患を持つ方はたくさん診てますので、その経験からこれは自信を持って言えると思います。

Q:なるほど、良かったー。ところで先生、“お腹の癒着(コリ)”ってなんですか?

A:お腹の癒着というのは、炎症をおこした部分に現れるコリのようなもので、それがあると子宮の中の血液循環を非常に悪くしてしまうために、生理痛を引き起こす大きな原因となっているのです。
多分、生理痛が強い人なら必ずあるはずですよ。ちょっと下腹部を両手の指先でグーッと押してみてください。

Q:はい、グーっと。むーん、ちょっと苦しいかも。

A:そうしたら、力を抜かずにそのまま上下左右に動かしてください。そうするとグリッとした硬いコリみたいなものがあるでしょう?

Q:あ、本当だ・・・。なんか押すと、なんかカタマリみたいな痛いのがありますね。

A:そういうのが下腹部全体を触ってみると、あちこちにいくつか感じられるはずですよ。それが内臓が炎症を起こした後の癒着です。特に、恥骨の上にあるものが一番問題を起こしやすいんですよ。大体、子宮の真上あたりですね。
なぜ、このあたりに出やすいかというと、悪い血(東洋医学ではオ血〔濁った血という意味です。〕というんですが)は重力に引かれて人体の下に溜まりやすいんです。骨盤というのは、ちょうどお椀のようになっていますよね。そこのそこの部分に蓄積していくんです。イメージ的に言うと、コップの底にドロが沈殿していくような感じですね。これを取ると生理痛は楽になるんです。

Q:それって、取れるんですか?

A:マッサージのように、ただグリグリ揉んでいるだけでは、もちろん取れません。ツボや筋肉・靭帯・腱などの神経反射を使ったり、くっついている部分をはがすような特殊なテクニックを使うんです。ちょっと口で説明するのは難しいんですけど・・・。手でも鍼でもどっちでもできます。(鍼が嫌いな方も多いので、最近は手で行う事が多いですね。私の場合は。)これが無くなると骨盤全体の血液循環が良くなってきます。冷え症も変化していきますよ。

Q:凄―い!え〜、やって欲しいです、私も。

A:私の説明に納得されるのでしたら、是非いらしてくださいね。お待ちしております。それから何度も言うようですが“全ての生理痛が無くなる”とは決して言いません。人それぞれの疾患が起こるパターンがありますし、原因も上に挙げた以上に色々です。ただ、原因と治療法を見つけるためにできるかぎりの事はしますし、全力を尽くします。それと“治療を行う時期”というのがありまして、これも大変重要です。詳しい事は、「東洋医学・代替療法による生理痛の治療法」の最後に説明がありますのでそちらをお読みくださいね。

Q:分かりました!先生、よろしくお願いします。

A:いえいえ、こちらこそお願い致します。

Copyright ©2005- 新宿西口治療院 All Rights Reserved.