『はじめまして、院長の宮本啓稔です。当院に初めていらっしゃる方、もしくはまだ行った事はないけれど“興味がある”という方のために、新宿西口治療院がどんな治療院であるのか御説明させて頂きたいと思います。』(以下、分かりやすく会話形式で!)

A子さん
せんせ〜!
宮本先生
おや、A子さん、どうしました?
A子さん
実は質問があるんですけど、友達にすっごく腰の悪い人がいて、その人を紹介したいんです。で、その子に「どんな感じでされるの?痛い?バキッとかやる所?治るまでどれくらいかかるかな〜。」とか、あれこれ聞かれちゃって何にも答えられなかったんです〜。そう言えば先生、ベッドでバコーンってやったり、マッサージとか指圧みたいなのしたり、頭揉んでくれたり、足浴したり、鍼を打ったり、お灸でグイーとかやってくれたり色んな事をしてくれてますけど、結局先生のってどんな治療法なんですか?私、今まで「治ればいっか。」って全っ然気にしてなかったです・・・。
宮本先生
ええ〜、だってA子さん、初診で初めていらっしゃった時に色々説明したじゃないですか〜。A子さん忘れました。ええ、スッパリと。宮本先生じ・・・、じゃあもう一度説明いたしますね。
A子さん
よろしくお願い致します。
宮本先生
まずですね〜、よくテレビなどでやっている“体の歪み”ですが、私は身体の歪みは80%が「筋肉の異常」が原因で残りの20%が骨、つまり「関節の歪み」から来ていると考えています。
A子さん
へー、ほとんどが筋肉なんですね。
宮本先生
そうです。でもこの「筋肉の異常」(つまり“コリ”ですね。)を取ることが実はとっても難しいんです。ちょっと専門的説明になりますけど良いですか?

A子さん
大丈夫。わたしは記憶力はないけど(笑)理解力はあります。ドンと来てください。
宮本先生
じゃあ、遠慮なく。まず、よくみなさんが肩や腰なんかに感じる“コリ”ですが、実はこれは「筋肉自体が硬くなっている」わけではないんです。
A子さん
へー。
宮本先生
「筋肉」というものは一本一本の糸が集まって“繊維”のような状態になっているのですが、この一本一本の筋肉は“筋膜”という膜のようなもので、包まれています。で、この膜が無理な姿勢を長時間続けたり、疲労が重なって炎症を起こすと、表面がベタベタしてきてくっつきます。で、このからんだ糸くずのボール状になったものが「筋肉のコリ」なのです。
A子さん
なるほどー。じゃあ中の筋肉が硬くなっているんじゃなくて、からまっているだけなんですね。じゃあこれをほどけば良いんじゃないですか?

次へ≫
■トップへ■