新宿の整体なら17年で8万人もの症状を改善した新宿西口治療院

トップ 料金 アクセス よくある質問 スタッフ 皆さまからの声 肩コリ・腰痛体操 ブログ


子宝枕で頭スッキリ!!
『子授かり(子宝枕)枕で健康に!』
子授かり枕(子宝枕)は明治時代に「産めよ、増やせよ。」という標語と共に各地に広まったそうです。
(現在でも、茨城県つくば市には「子授かり枕(子宝枕)」というのがあって 女の子が欲しければ赤い布
男の子が欲しければ青い布でそば殻を包んで作るという風習があります。)
これを応用して首や後頭部を刺激して、肩こりや首の痛みを改善して健康になる方法をご紹介致しますね。
《内臓機能を活性化し、頭のボーッとしたのを改善する方法》
【用意するもの】
コーヒーの空きビン、あるいはビール瓶、一升瓶など。
《やり方》

1、まずは首の下に「空きビン」もしくは「ストレートネック改善枕」を敷きます。

2、顔を左右に交互にゆっくりと振り向くようにします。(1分くらいで構いません。)

3、首がゴリゴリと刺激され頸椎に正常な弯曲がついてきます。
(ストレートネック改善枕と同じ感じで行います。)→ここまでで準備完了!!

4、次に後頭部の中央ラインにある出っ張り (専門用語では外後頭隆起と言います。) の下にビンまたは「ストレートネック改善枕」を当てます。 写真では人差し指の当たっている部分です。 上からナデていくとポコッと1〜2センチ くらいの膨らみがあるので、分かりやすい と思います。

5、その状態で同様に顔を左右に交互にゆっくりと振り向けます。
(ゴリゴリとなって、すっごく気持ちイー!)

6、反対側にもゆっくりゴリゴリと刺激します。 当てていくと、固い部分や妙に痛い部分が あると思いますので、そこでしばらく止めたり往復させたりして、解すようにします。

7、数分行うと凄くすっきりして肩や首のコリが楽になり、夜も熟睡できるようになってきます。

《目の疲れ・偏頭痛の改善法》
8、さらに追加して行う場合、このように側頭部に ビンまたはストレート改善枕を入れます。

9、後頭部に行ったのと同じように、側頭部から コメカミの辺りまで、ゴリゴリ転がして行きます。 (偏頭痛が改善し、目がパッチリ開いてきます。)

◎後頭部に当てて転がす場合、中央の出っ張りから左右にロッキー山脈のように伸びている“ライン”に沿ってビンを転がすように致しましょう。
カイロプラクティックではこのラインを「内臓反射のエリア」
(足ツボみたいなものですね。専門用語では「CMRTライン」と言います。)
として、どこの内臓が悪くなっているか診断するためのポイントとして使っています。
「背骨の歪み」なんかも、この部分のコリや圧痛を探す事で分かっちゃうんですよ〜。
(不思議だ。)
昔、整体を習いたての頃にこの部分のコリポイントと背骨の歪みが一致した時は、感動しました ねー。(「おおお!」って感じでしたよ。まさに人体の神秘を感じました。)
側頭部にも同じように背骨や筋肉の反射ポイントがあります。
(専門用語では「TSライン」と言います。)
これらのエリアを刺激すれば「背骨・内臓・筋肉」を全てカバーできますので自己療法としては とても良いと思います。みなさん、試してみてくださいませ!

Copyright ©2005- 新宿西口治療院 All Rights Reserved